特急英文名刺印刷,複製名刺,肩書見本など-大阪/光洋テクノス
英文名刺・スピード名刺作成
サービス名刺トップ>>英文名刺

◆英文名刺印刷見本

英文社名表記・肩書見本など参照戴けます。下記レイアウト(デザイン)以外にサービス名刺・ワンポイント名刺・フルカラー名刺のデザインレイアウトにも適用出来ますのでご注文の際には品番No.をご指定ください。

拡大とご注文フォームへ
EB-1
拡大とご注文フォームへ
EB-2
拡大とご注文フォームへ
EB-3
拡大とご注文フォームへ
EB-4
☆当社では固有名称(お名前)・地名名称等判断出来かねますので、翻訳に関わる作業は行っておりません。お客様自身による判断にて原稿を作成されますよう、また、送付先は日本語表記でお願いします。
価格(片面):50枚 \1,500 / 100枚 \1,900
■社名組織の表記について(参考)
■株式会社:Corporation (=Corp.) または Incorporated (=Inc.) 又はCompany Limited (=Co.,Ltd.)
■有限会社:Limited liability corporation / Company Limited (=Co.,Ltd.)
★ 有限会社も株式会社もどちらもイギリス英語だとCompany Limited (Co.,Ltd.),アメリカ英語だとCorporationまたはIncorporatedとなります。
■合名会社:General partnership (corporation)
■合資会社:Limited partnership (corporation)
--------------------------------------------------------------------------------Page top
■名前の表記
通常英語では、名、姓の順に表記しますが、最近では姓名の順に日本読みで「ふりがな」を兼ねての表記が見られるようになりました。また特に親しい場合を除き、Mr.~のように姓で呼び合う方が日本人の感覚からして合っているようです。
「ん」+母音の表示では、例)小林研一→Ken-ichi Kobayashiのように”-”ハイフンで繋ぐのが正しい。
-------------------------------------------------------------------------------- Page top
■部署名の表記
日本の会社には、事業本部・事業部・部・課などの部署がありますが、英語で表す場合は Division(=Dev.) / Department(=Dept.) / Section などを用いることになります。ただし、Division, Department, Section などは、日本の組織のように規模や上下の違いがありませんので、それぞれの会社によって自由に使われています。
--------------------------------------------------------------------------------Page top
■肩書きの表記(参考)
最高責任者:CEO / Chief Executive Officer
代表取締役会長:Chairman & CEO / Chairman (of the Board of Directors) / Board Chairman
副会長:Vice Chairman (of the Board of Directors)
代表取締役社長:President / CEO
副社長:Vice President /Executive Vice President (and Director)
社長室長:Manager of president's office
社長秘書:Secretary to the president  ・秘書課長:secretarial section manager
専務取締役:Executive Vice President / Executive Director / Senior Managing Director
常務取締役:Senior Vice President / Managing Director /Executive Managing Director
役員・取締役:Director  ・常勤役員:Full-time Officer  ・非常勤取締役:Part-time Director
監査役:Auditor   ・相談役:Senior Advisor
顧 問:Adviser / Corporate Adviser  ・嘱 託:Non-regular staff
本部長:General manager  ・副本部長:Deputy Director
部 長:Department manager  ・部長代理:Assistant Director / Acting General Manager
副部長:Deputy Director  ・技術部長:Technical Director  ・営業部長:Sales Director
次 長:Deputy manager  ・課 長:Chief of Section / Manager / Section Chief
課長補佐:Assistant section manger / Assistant Manager / Deputy Manager
係 長:Manager  ・主 任:Senior Staff
事務総長:Secretary general  ・事務次長:Vice-secretary general
--------------------------------------------------------------------------------Page top
■住所・電話等の表記
住所区分の番地、丁目、町名、区、市名、県名、郵便番号、国名の順に表示します。 
「丁目」は"cho-me"、又は番地に含める、「町」は"-machi”,"-cho"、「区」は"-ku"、「市」は"-shi","city"、「県名・府・道庁」は"ken","fu"を省略して名前だけとします。
電話番号、ファックス番号には TelやFax を使いますが、"Telephone" 、"Facsimile"の省略形です。通常、省略形には最後にピリオドをつけますが、海外でもピリオドなしで通用していますので、なくてもOKです。ただ、海外ではTelよりも"Phone"というのが一般的です。
なお、0120- などの通話料無料のフリーダイヤルは "Toll Free: 0120-123-4567" など。
携帯電話の表記は通常は"Mobile:",英語で「携帯電話」と言うときには、"Cellular" の知名度が高いため、"Cellular phone" または"Cell phone" が使われます。Mobile phone という言い方もあり、これを縮めて"Mobile"でもOKです。日本では、Cellular phone や Cell phone という表現の知名度が低いので、"Mobile"の方がよく使われ、最近では"Smartphone"も使われています。
また海外で名刺をお使いになるときは、海外からの通話のために国番号を明記しておきましょう。 日本の国番号は (81) ですので、市外局番の "0" を省略して、 例えば、+81-78-861-1302 などと表記します。
ちなみに、携帯電話も同様で、"+81-90-123-4567" とダイヤルすれば海外からでもつながります。
携帯メールアドレスを表記するには、PCメールと区別する場合、e-mail(PC)、携帯用メール=e-mail(mobile):が最適では。
-------------------------------------------------------------------------------- Page top